アークカード 2018年10月号に掲載

DMカードジャパン様のアークカード2018年10月号への掲載を行いました。

この度、新商品である『結晶化ガラス建材の薄型汚垂石』につきまして、アークカードからのお問い合わせを頂きまして誠にありがとうございます。

私が思っていた以上のたくさんのお問い合わせを頂き、カタログ・カットサンプルの出荷に時間がかかってしまいました。
どうにか11月半ば迄にお問い合わせ頂いたお客様に関しましては、先日出荷が完了しました。
大変遅くなってしまい申し訳ございません。

11月半ば以降にお問い合わせを頂きましたお客様に於かれましては、順次発送してまいりますので、到着まで今しばらくお待ちください。

営業で外回りをしておりますと、「新築の建物では汚垂石の設置が当たり前の様になった。」と聞く事が多くなりました。

その中で何を優先されるのか?
金額・素材特性・段差・施工性・納期等・・・お施主様や状況によって変わる事はあると思います。
もちろん「いつも使っている物」というご意見もあると思います。

弊社のパリトーンは、ガラス素材なので浸み込みによる臭い、汚れを防止し、酸にも強く硬質である。
という特徴が好まれ、使用される事が多いです。
またお客様からは。「他メーカー品に比べ、コストメリットが出せるのも大きな要因。」とおっしゃっていただきました。

今回の新製品は、厚さ4mmなので「段差の軽減」も特徴に加わりました。
特にタイル業界のお客様やリニューアル・改装工事のお客様からのお問い合わせ多く頂いております。

新型汚垂石の詳細はこちら
いきなりプレゼント パリトーンチャレンジはこちら
アークカードのバックナンバーはこちら